なすび亭のおせち。人気と通販の予約方法【2019】

東京都渋谷区 恵比寿のなすび亭のおせち料理を特集。

インターネットの通販から、まだ予約購入できる「なすび亭」のおせち料理を厳選。おせち料理のご紹介と予約方法をご紹介します。


目次
1.恵比寿のなすび亭
2.なすび亭のおせち料理
3.人気のおせち【2019年度】
・なすび亭&オステリア・ルッカ&四川飯店のおせち
・なすび亭&ラロシェルのおせち
・2019年 フレンチおせちランキングで1位になりました

恵比寿のなすび亭

なすび亭は、懐石料理や料亭など日本料理の名店で経験を積み、「永田町瓢亭」時代には、首相官邸出前料理番を任された吉岡シェフが、2000年に29歳で独立開業したお店です。

  • 「和食を食べたいと思った時、真っ先に思い浮かぶ店」でありたい。
  • 「気軽に和食を楽しんで頂ける店」でありたい。

2000年の開業以来変わらぬ想いで、素材本来の味を引き出し、作り手のやさしさが伝わる料理は、幅広い客層に支持されています。

なすび亭のおせち料理

なすび亭のおせち「和三段重」

なすび亭のおせち料理「和三段重」です。

基本に忠実でありながら柔軟な発想で、「味本意」のこだわりを貫いたおせち料理。素材選びから調理まで、店主の感性が光るおせちです。

おせちの中身「一の重」

おせちの中身「二の重」

おせちの中身「三の重」

重箱のサイズ

16.2×16.2×高さ4.0cm

おせちの値段と配送・予約方法

なすび亭のおせち「和三段重」のお値段は、27,000円(税込)です。おせちの配送は、関東・関西・東海・岡山・鳥取島根地域への限定配送です。

おせちの予約は、2018年12月26日10時0分まで。

配送料無料キャンペーン:2018年9月21日(金) 午前 10:00 → 2018年11月17日(土) 午前 10:00までのご予約で、配送料が無料になるキャンペーン実施中です。

人気のおせち【2019年度】

なすび亭&オステリア・ルッカ&四川飯店のおせち

  • 和の「なすび亭」
  • イタリアン「オステリア・ルッカ」
  • 中華「四川飯店」

「和・洋・中」の3店が饗宴するコラボおせち「三段重」です。

季節の素材をいかす日本料理店と、こだわりイタリアン、伝統と創作の中国料理店の饗宴。

おせちの中身「和の重」

なすび亭・吉岡シェフのセンスが光る、華やかな「和の重」

おせちの中身「中華の重」

伝統と創作の中国料理店「四川飯店」の中華の重

おせちの中身「洋の重」

こだわりイタリアン「オステリア・ルッカ」

和・洋・中・三段重の重箱のサイズ

17.3×17.3×高さ4.0cm

おせちの値段と配送・予約方法

「なすび亭&オステリア・ルッカ&四川飯店」おせちの値段は、29,160円(税込)です。

おせち料理の配送は、関東・関西・東海・岡山・鳥取島根地域への限定配送になります。

おせちの予約は、2018年12月26日10時0分まで。

配送料無料キャンペーン:2018年9月21日(金) 午前 10:00 → 2018年11月17日(土) 午前 10:00までのご予約で、配送料が無料になるキャンペーン実施中です。

なすび亭&ラロシェルのおせち

東京・恵比寿なすび亭の店主吉岡英尋氏と、フレンチの鉄人で有名なラ・ロシェルの坂井宏行氏がコラボレートした和洋おせち「二段重」です。

話題の日本料理店と日本を代表するフレンチの競演。ふたつの美味を楽しめるおせちです。

おせちの中身「なすび亭の重」

季節の素材を大切にした日本料理店「なすび亭」のお重です。

おせちの中身「ラロシェル」

フレンチの鉄人で有名なラ・ロシェルの坂井宏行氏のお重。

おせちの重箱のサイズ

18.9×18.9×高さ4.2cm

おせちの値段と配送・予約方法

「なすび亭&ラロシェル」のおせち料理「二段重」のお値段は、27,000円(税込)です。

おせちの配送は、関東・関西・東海・岡山・鳥取島根地域への限定配送です。

おせちの予約は、2018年12月26日10時0分まで。

配送料無料キャンペーン:2018年9月21日(金) 午前 10:00 → 2018年11月17日(土) 午前 10:00までのご予約で、配送料が無料になるキャンペーン実施中です。

フレンチおせちの人気ランキング

フレンチの鉄人で有名なラ・ロシェルの坂井宏行氏とコラボした「なすび亭&ラロシェル」のおせち二段重が、フレンチおせちの人気ランキング1位になりました。

関連記事:フレンチおせちの人気ランキングとおすすめ【2019最新版】

※フレンチおせちの人気ランキングは、リアルタイムランキングのため最終順位が変動する可能性はあります。

最新の人気ランキングを見る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする